2014年01月31日

ピンクの太陽

_DSC8665.jpg25日(土曜)案内兼ねて
十勝川へ行って来ました。
その日は、どうやら風邪を振り返したようで
体調思わしくなく寝坊し
慌てて現地にむかいました。
素敵なピンク色の空
白鳥が次々飛んでいきました。
日の出まで待ってくれていたら良かったのに残念!
_DSC8678.GLT.jpg_DSC8697.GL.jpg
_DSC8704.GL.jpg_DSC8759.jpg
け嵐も樹氷も無い十勝川。
主役の白鳥も全部飛んで行ってしまいポォ〜ッとしていた私。
太陽が雲の間から顔を出しました。
素敵なピンク色なのに体調思わしくないのもあってポォ〜ッとシャッター切るだけ。
戻って画像を見て案外素敵だった日の出に
もうチョット気持ちこめてパチリしてくるべきだったと反省の日でした。
どんどん風邪悪化して一昨日病院へ行って来ました・・・数日で良くなるでしょう〜
早く撮影に出掛けたいところじっと我慢してます。(笑)


posted by yuki at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

生花苗沼(オイカマナイトウ)の御神渡り

1_DSC8404.GL.jpg2_DSC8414.GL.jpg
大樹町の生花苗沼御神渡り?何処にあるのだろう???
仲間と22日行こうという事になり知らない夜道を走るのに不安だった私。
前日地図を調べて場所確認に行って来ました〜見つけて安心。
処が肝心の当日、入り口を間違えて
迷ってしまったやっぱり駄目な方向音痴でした。
3_DSC8427.GL.jpg4_DSC8429.GL.jpg
5_DSC8442.GL.jpg6_DSC8449.GL.jpg
太陽が顔を出してきました〜素敵です!!!
7_DSC8465.GLT.jpg8_DSC8477.GL.jpg
9_DSC8488.GL.jpg10_DSC8504.GL.jpg
11_DSC8530.GLK.jpg12_DSC8544.GL.jpg
氷の上を歩くのは結構疲れるもので・・・
この日の大樹の気温がマイナス17℃
力を入れて歩いているためか思ったより温かく感じながらの撮影でした。
13_DSC8554.GL.jpg14_DSC8575.GL.jpg
メルヘンチックに見えたこの氷り?何に見えるかな?
私はリスが手に何かを持っている風に見えたのですが?(笑)
15_DSC8561.GL.jpg16_DSC8568.GL.jpg
17_DSC8604.GL.jpg18_DSC8608.GL.jpg
これからも冷え込んでくるでしょう。
ひび割れが出来ているのでこの後ここも盛り上がってくるのでしょうかしらね。
はじめて見る御神渡りとても迫力がありその雰囲気を伝えたいと思いながら
まだまだ勉強不足を感じた私です

この日NHKの取材を受けまして、一緒に行った仲間4人がテレビに出ました!
この放送がどうやら全国放送だったらしく神戸の兄から見たよッと電話が来てびっくりでした。
posted by yuki at 16:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月明かりのタウシュベツ川橋梁

1_DSC7636.GL.jpg2_DSC7648.GL.jpg
ぬかびらユースホステル主催「夜のタウシュベツツアー」(18日)
参加者7名限定・ユース宿泊条件を去年から申し込んでました。
皆さんと一緒なので思う様に撮影出来ない事覚悟してましたが、
この夜のお天気は曇りのはず???でしたが?
ライトを消して綺麗な月明かりで星を眺めながら歩きました。
現地到着した時は綺麗だったお月さんもボォ〜〜〜ッとぼやけてしまい
ウペペサンケとニペソツ山の白がくっきり見えていたのですがそれも残念。
でも、夜道をどの様にして歩けば迷わずたどり着けるのかポイントをご指導戴き一安心。
3_DSC7674.GL.jpg4_DSC7676GL.jpg
翌日、ニペソツ山にお月さんが入るだろうと云う事で、
暗い内に再度タウシュベツへ行きました〜
雪が少なく氷が見えている場所に月の光が照らされて綺麗〜
山がうっすらとピンクがかってきました。
途中撮影している場合じゃ無い!早く辿り着かないと間に合わなくなるぅ〜
5_DSC7725.GL.jpg6_DSC7735.GL.jpg
7_DSC7743.GL.jpg8_DSC7749.GL.jpg
9_DSC7764.GL.jpg10_DSC7771.GL.jpg
アッと云う間にニペソツ山がピンク色に染まりました。
この時期に来たのは初めてです。
こんな場所にもフロストフラワーが出来ていました。
11_DSC7800.GL.jpg12_DSC7810.GL.jpg
13_DSC7803.GL.jpg14_DSC7837.GL.jpg
15_DSC7827.GL.jpg16_DSC7830.GL.jpg
随分傷んでいる様に見えました・・・
雪の下から顔を出したタウシュベツ橋梁は大丈夫でしょうか気になるところです。
17_DSC7847.GL.jpg18_DSC7855.GL.jpg
19_DSC7866.GL.jpg20_DSC7894.GL.jpg
21_DSC7951.GL.jpg22_DSC7986.GL-2.jpg
キラキラ輝くフロストフラワーをその輝きの如く撮したくて
寝転んだり這いつくばったりして頑張りましたが(笑)
七色の輝きを撮すのは難しいですね。
23_DSC8034GL.jpg24_DSC8050.GL.jpg
綺麗な湖の氷りを数枚撮してお終いです〜
2日続けて頑張って歩いたので疲れましたね。
でもとても楽しく気持ち晴れ晴れでした。
この日の気温はマイナズ17℃〜長くいるとやはり寒かったですね。
posted by yuki at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥塒撮影

1_8680.GLT800.jpg1_4683.jpg
2_4830.GL.jpg3_4872.GL.jpg
最初の1枚!ピンクのけ嵐と太陽の写真は数年前のものです。
この十勝川に白鳥が来なくなり寂しくなりましたが、
それでもこの様な素晴らしい情景に会える十勝川。
通ってみないと撮せない訳で・・・やはり十勝川へ行きたくなるのでした。
4_4928.GL.jpg5_5015.GL.jpg
6_5172.GL.jpg7_5417.GL.jpg
中々目覚めてくれない白鳥たち、兎に角飛び立つまでじっくり待つ事にしました。
やっとみんな起きてくれましたよ〜〜〜お・は・よ・う〜
8_5320.GL.jpg9_5457GL.jpg
手前の木にオジロワシがとまっています。
オジロワシと白鳥のツーショットを撮せるといいなぁ〜と思っていましたら
白鳥がターンして飛んでいきました〜ヤッタァ〜(笑)
10_5522.GLT.jpg11_5530.GLT.jpg
12_5592.GL.jpg13_5676.GL.jpg
14_5759.GL.jpg15_5764.GL.jpg
初撮りの時はさっぱり飛び立ってくれませんでしたが
この時は次々と飛び立ってくれました〜〜〜
スローシャッターの練習をしたいところ上手く行きません。次回ですね。
16_5723.GL.jpg17_5056.GL.jpg
山並みが綺麗でここをバックに白鳥が飛んでくれたらいいナァ〜っと
それも今回は願いが通じてご覧のとおり、一応は飛んでくれました。ヤレヤレです。



posted by yuki at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月4日・初撮りの白鳥

1_3490.GLT.jpg2_3566.GL.jpg
今頃アップでスミマセン・・・今年初撮りの白鳥たちです。
例年通っていた場所にさっぱり白鳥が来なくなり、今年は塒へ行ってみました。
去年、初めて行った時、丹頂ファミリーに会えてラッキーと思っていた私。
今年も初撮りで丹頂ファミリーにあえました。美しかったですね。
3_3610.GL.jpg4_3695.GLK.jpg
5_3817.GLK.jpg6_4024.GLT.jpg
陽が昇り8時になっても9時になってもさっぱり動きの無い白鳥さん達。
かろうじて2羽が飛び立ち後はそのまま・・・ゆっくり游いでいるだけでした。
8_4158.GLT.jpg7_4122.GL.jpg
9_4307.GL.jpg10_4346.GLT.jpg
11_4380.GL.jpg12_4392.GL.jpg
中々動いてくれない白鳥さん達。初めて来た場所でしたので移動して見ました〜
なんとなんと、ズッと奥の方から次々と沢山飛んで来ました〜
真っ青な空に白い白鳥が美しいです〜時計を見たら11時!本当にお寝坊さんですね。
多分何時もの畑にいっているのではないかと思って小麦畑へ移動。
沢山いましたよ〜
13_4473.GL.jpg14_4477.GL.jpg
15_4481.GL.jpg16_4583.GL.jpg
posted by yuki at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去年12月の撮影会

1_DSC5614.GL.jpg2_DSC5650.GLT.jpg
3_DSC5696.GL.jpg写真始めてから
毎年出掛けている丹頂撮影会。
これだけ通ってもイメージ通りのカットは未だ無し!
また来年・また来年っと思いながら
通い続けているのでした。
この時は参加者も少なく
雪の無い十勝から出て
かろうじて雪景色を数枚パチリ。
4_DSC5866.GLT.jpg5_DSC5976.GLT.jpg
夕焼けと丹頂狙いで毎年撮影させて戴いている菊池牧場ですが
今年は雪が無いため畑に入る事が出来ませんでした。
菊地さんのご厚意で撮影ポイント確保して戴き構えましたが
ここでもさっぱり飛んでこない丹頂でした。(暗くなってから来ました。)
6_3373.GL-3.jpg7_6407.GLT.jpg
8_6507.GLT.jpg日の出前の音昼エ。
果たして丹頂がいるのでしょうか〜
感度あげてシャッターを切ってみると
凄い数の丹頂が寝ていました〜
嬉しい〜〜〜沢山いる!!!(
今迄1羽もいない年もありましたからね。)
なのに、け嵐も無く樹氷も無くこんなにも沢山いてくれたのにとても残念!!!
これもまた来年ですね。
9_DSC6628.GLT.jpg10_DSC6993.GLT.jpg
11_DSC7002.GLT.jpg12_DSC7049.GL.jpg
13_DSC7150.GLTT.jpg14_DSC7164.GLT.jpg
この憧れていたカット〜〜〜撮せました!!!
とっても嬉しいのにアアアぁ〜雪が無い。
ズッとズッと憧れていたのですよ〜
邪魔な丹頂が周りにいなくてこの鳴くスタイルに憧れていたのに
温かすぎて吐く息も白くならず雪もなく・・・悔しいけれどまた来年。
15_DSC7233.GLT.jpg16_DSC7234.GLT.jpg
17_DSC7278.GLT.jpg18_DSC7509.GLT.jpg
余り良い条件で無かったけれども
楽しくて楽しくて数えきれない程シャッター切って楽しんできました。
係の人が餌をまいても丹頂さん達皆しらん振り???
今迄ですとそろそろ時間になるとオジロワシやら大鷲達が飛び回って
丹頂とのバトルで気分も盛り上がるところ。
処が、鳶が舞うだけ???フフフ〜やっとオジロワシが2〜3羽やってきました。
19_DSC7426.GLT.jpg20_DSC7554.GLT.jpg
21_DSC7560.GLT.jpg22_DSC7561.GLT.jpg
欲張っちゃ〜いけませんね。とても楽しく過ごさせて戴き感謝一杯でした。
posted by yuki at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

幌鹿峠

_DSC1344.GL.jpg1_1357.GL.jpg
_DSC1394.GL○.jpg2_1389.GL.jpg
3_1393.GL.jpg4_1363.GL.jpg
先月26日1泊で糠平にお泊まりしてきました。
以前から幌鹿峠の朝を撮してみたいとずっと思っていた私〜
願ってもないチャンスに真っ暗闇を一人〜
走ったことのない道を目的地まで向かいました!
ものすごく綺麗な星空に2枚ほど撮してモタモタしている内薄明るくなってきました。
どんどん赤く染まり素敵な雰囲気にルンルンの私。
雲海はだめかと思いましたが望遠レンズを出してみたら素敵ではありませんか!
4_1416.jpg5_1408.GLtif.jpg
6_1429.GL.jpg7_1435.GL.jpg
8_1452.GLK.jpg素敵素敵〜ッと一人感動しながら
シャッターを切るわたし。
太陽がどの辺から出るのか
さっぱり把握してない!
太陽が顔を出して?
アアアァ〜そこから出てきたのね?っと
雲海がほんのちょっぴり赤く染まり始めてこれまた嬉し♪
とても素敵な時間を頂いてきました。
また来年〜こんどはもっと凄い雲海の幌鹿峠を撮してみたいと宿泊先に戻りました。
素敵な景色に出会えて感謝いっぱい〜有り難うでした。

posted by yuki at 00:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

白鳥とハクガン

毎年この時期10月20日過ぎ辺り白鳥が我が家上空を飛び季節を感じていました。
今年もガラス拭きをしていると白鳥の鳴き声に空を見上げると鈎になって飛んでました。
今年は母のお世話も有り、思う様に撮影に出かける事が出来ません。
お天気状況と様子を見て23日お出かけする事が出来ました〜(*^_^*)
_DSC8977.GLT.jpg_DSC8979.GL.jpg
出掛けるからにはやっぱり日の出前です〜〜〜
下の方に雲が厚く日の出を見る事出来ないのかなぁ〜っと思っていたのですが
ナントナント!真っ赤っと言うよりもっと凄い赤紫!
濃いローズのような太陽が昇ってきました!
でもあの色の太陽を撮す事が出来ない〜〜〜どうやったら撮せるのだろう、
撮してみたいなぁ〜
_DSC9001.GL.jpg_DSC9030.GL.jpg
_DSC9033.GL.jpg_DSC9065.GL.jpg
_DSC9056.GL.jpgこの日の朝は冷え込んだようで
畑から靄があがってて
とても幻想的な朝でした。
靄の中から顔を出した太陽が
まぁ〜るいまま登ってきました!
畑の靄も太陽の光を浴びて輝いてました。
長芋畑も収穫間近なのでしょうか
綺麗に真っ直ぐだった長芋畑も
帰り道寄ってみるとネットが外されてました。
それより残念だったのは今年はこの畑に1羽も降り立ってくれませんでした。
白鳥がやって来ますが他の畑に行ってしまいました〜
_DSC9682.GLT.jpg_DSC9772.GLT.jpg
DSC_2926.GLT.jpg_DSC9843.GLT.jpg
DSC_2826.GLT.jpgDSC_2767.GLT.jpg
去年のように横並びに200羽以上の白鳥は撮せませんでしたが
6羽の子供を抱えたファミリーに出会いました。
チョット小さめの子供が1羽
元気に無事皆と一緒に旅たつ事が出来る様に祈りました。
_DSC0227.GLT.jpg_DSC0451.GLT.jpg
_DSC0487.GLT.jpgDSC_3145.GLT.jpg
DSC_3069.GLT.jpg白鳥さんの撮影そこそこに
豊頃のハクガンを見たくて移動しました。
お昼近かった事も有り
沢山の渡り鳥が三日月沼に集結していました。
こんなにも沢山いるのだもの
一気に飛び立つところが撮せるかも知れないと
楽しみに待ちましたが、残念ながらこんなモンでした。
沼とは反対側の山並みがとても綺麗でしたのでここを飛んで欲しいと願いましたら
最後の最後〜やっと山並みが入るくらい低い位置で飛んで行ってくれました。
これで満足満足して帰る事が出来ます。楽しかった一日に感謝です。
posted by yuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白雲山と天望山 登山シリーズ3(笑)

藻琴山と摩周岳を登れた事に気分良くして調子に乗った二人〜
10月上旬東京から帰ってきた翌週14日、然別湖から見える山
白雲山1187mと天望山1173.9mの山登りをしてきました。
行く途中初冠雪で真っ白な山並みに紅葉と白い山を撮したい気持ち抑えて続行〜
1_8713.GL.jpg2_8718.GL.jpg
3_8720.GL.jpg4_8725.GLT.jpg
結構きつい感じでしたのでカメラ出す余裕なく頂上へ〜
いざ登ってみるとこれぞ山登りって感じでした〜〜〜
あと一息!の頂上がこれが凄い〜巨岩ゴロゴロ!!!
捕まるものもなく大きな岩を自分で考えて進む!凄いっと思いました。
頂上では安定した場所がなく手持ちで撮影〜
良いお天気で真っ白なニペソツ山等が見えました。
5_8731GLT.jpg6_8734.GL-2.jpg
この日は連休最後の日でもあったため、子供も登ってきてました〜〜〜
頂上から少し降りた場所でチョット休憩。同じくご夫婦で登ってこられた方と会話。
私達はもう一つ天望山を登りたいので逆方向へ下山。
此方は笹藪がひどくて一寸大変と聞きました・・・ホントその通り!
足元が見えなくてチョット踏み外せば滑落しそう〜
処がその様な道を若者グループはサクサクと歩いて行くのでした!若いね!
7_8741.GL.jpg8_8742.GL.jpg
8_8801.GL.jpg次々お先にどぉ〜ッぞッと
いったい何人に追い越されたのか・・・
兎に角足元が見えなくて〜
笹が伸びているから大変でした。
やっと標識のあるところへ降りてきました。
ここで皆さん天望山に登る人と
このまま下山する人に分かれるようです。
私達は予定時間オーバー気味でしたが
登るつもりで来たので天望山登山開始〜
9_8757.GL.jpg10_8792.GLT.jpg
私達よりチョット先に2グループの若者、早いです〜
ここも笹藪で足元ばかり見て歩き始めました。
途中道を間違えたようで・・・私達の後ろからも若者グループが来てましたが
急斜面をぐいぐい登って行っちゃいました〜すっごい!
帰り道何処で間違えたのか発見!!!
下ばかり見て歩いてて踏みつけられている道なりに歩いたところが近道?

夫は途中、地図を見てこのままでは方向が違うと云う事で方向転換〜
印のあるところへでて一安心。その時私は目眩・・・
夫は降りようかっと言いましたが、まさかぁ〜
もう頂上は目の前!戻るはずありません〜
疲れましたがそんなこんな頂上では先に登った若者2グループで賑わっていました。
頂上でおむすびとインスタントの温かいお味噌汁を飲みやれやれ〜
予定では東雲湖へ廻って帰る予定でしたがとてもその様な元気なく
着く頃には真っ暗になるので東雲湖は次回の楽しみに残して下山しました。
下山途中、登ってきた白雲山をパチリ〜あんな山よく登ったね!
しかも地図を見れば尾根伝いに登るのかと勘違いしていた私達。
11_8840.GLT.jpg12_8844.GLT.jpg
白雲算・天望山地図061.jpgいったん白雲山を降りてから
再度天望山へ登ったのだとハハハ〜
然別湖から登ってきた山を眺めながら
右側が白雲山、真ん中が天望山(くちびる山)
ニンマリ〜自分を褒めてました。(*^_^*)
大きな勘違いでしたね。
来年は何処へ登ろうかと楽しみになってきました。
posted by yuki at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摩周岳登山

前日の藻琴山登山の疲れも残っていないっと思う二人は
摩周湖の日の出を撮したくて(撮したいのは私だけ!)
暗い内に宿泊先を出発しました。でも真っ白で残念!!!
1_8004.GL.jpg2_8043.GL.jpg
3_8076.GL.jpgこんな天気でもやめようと思わない二人。
真っ白で何も見えない中6時10分
登山者名簿に記入して歩き始めました。
本によると頂上まで2時間半、若者で2時間。
チョットお歳を重ねると3時間ッと聞いてました。
なぁ〜んにも見えない中、モクモクと歩き始めましたが
靄の雰囲気が素敵で撮したい私は『カメラ出してもいい?』ッと
夫の了解得てカメラぶら下げて歩きました。
時々姿見えなくなる私、夫は熊よけの笛をピ〜ッと(笑)
急ではないのですが登ったり下ったりモクモクと歩いていると後ろから鈴の音が
もの凄いスピードで私達を追い越していった若者。
その後からも若者3名ほどもすたすたと・・・摩周岳頂上の工事をしている人達でした。
今年の春から環境省からの依頼で頂上の石積み工事をしているのでした。
お陰様で大変だと聞いていた頂上残り300mは案外登りやすかったです。
4_8094.GL.jpg5_8099.GL.jpg
それにしてもこんな処に一輪車が?後で分かったのですが、
ヘリコプターで石を降ろし、その石を運んで工事しているのだそうです。
毎日片道7qを通っているのだそうです〜凄いですね〜
お陰様で無事頂上到着〜3時間40分ほどかかりました。マァ〜いいとこでしょう。
風と真っ白で何も見えないまま、途中工事の方達にもご挨拶をして
モクモクと帰り道を歩きました〜処が太陽がうっすらと見えてきたのです〜〜〜
頂上から2キロほど歩いたのですが
『もう一度頂上へ行ってみようか!』とバカな二人は戻りました!
6_8145.GL.jpg7-8169.GLT.jpg
8_8201.GL.jpg9_8243.GL.jpg
工事の方達とご挨拶したはずの私達が戻ってきたものだから『あれぇ〜』ッと呆れかえった様子。
どうやらヘリコプターが石を運んでくるらしい〜それじゃ〜それを見てからっと云う事で
結局もう一度頂上へ登っちゃったのでした〜〜〜元気ですね!ビックリです〜
でも、2度目の頂上も真っ白で何も見えませんでした・・・
10-摩周岳+2_パノラマ1.jpg
降りてきても頂上が全然見えなかった!
でも戻ったお陰であれが頂上だねっと見えて嬉しくなる私。
単純ですね〜こんなお天気でも私達の他に登ってきた人達2組。
その人たちも誰もいなくなりやっぱりここでも帰り道は二人だけ〜
10_8277.GL.jpg10_8303.GL.jpg
10_8309.GL.jpg10_8319.GL.jpg
行く時はナァ〜ンにも見えなかった景色がこんなにも素敵だなんて♪(/゜゜)/ ̄ハィ♪
とまってばかりの私に笛を吹いて呼ぶ夫〜
摩周湖が色々な表情を見せてくれて嬉しくなる私。
これが行く道だったら頂上に何時に着くか分からないところだったねっと思う私。
帰り道で良かったぁ〜っと?この辺までは元気でした。
11_8355.GL.jpg摩周第一展望台.jpg
お天気も回復しズッとズッと先まで見える景色に?
エエエエェ〜もしかしてあっちの方まで道がついているようだけれど?
まさか?この山道ズッと歩くの?????ッと歩いてきた道を振り返ってみては
よくぞ歩いたッと自分にガンバレガンバレッと応援しながらやっとつきました。
6時10分入山で16時半下山の記録でした。
片道7.2qプラス2qなので往復18.4qッという事になりました〜お疲れさん。
それでもこの摩周湖の道はトレッキングコースとして素敵だねまた来たいねっとの会話でした。
元気で山登りできたことに感謝いっぱいです。
posted by yuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藻琴山 登山

1_7779.GL.jpg先月28日藻琴山を登ってきました。
昨年旭岳登山でチョッピリいい気分の二人♪
今年は何処の山へ行こうか等といいながら
中々行く気配なかったのでした・・・
処が?突然の行く事決定〜
まずは藻琴山に登って翌日は摩周岳。
ッという事で行く途中綺麗な景色に一枚パチリ!
3_7793.GL.jpg4_7807.GL.jpg
藻琴山1000m所要時間1時間30分ッと本に書かれていました。
登る前は1000mで7合目からの登山だからチョチョチョイッと登れると思ってました。
それが頂上と間違えていたところ、ここは頂上ではないよ〜
屏風岩を越えて山2つ登ったあの山だよ?っと言われガァ〜ン!
結構とんがっている山を見てへぇ〜まさかぁ〜っと思いながら頂上到着!
やはり頂上らしき雰囲気でした!面白い雲にまずパチリ!
風が強くて記念写真写すのが大変でした!!!
5−97.98.99.20_パノラマ1.jpg
頂上からのパノラマ景色です。
余りにも風が強すぎて持っていった三脚立てる事出来ませんでした。
6_7850.GLT.jpg7_7863.GL.jpg
8_7881.GLK.jpg9_7904.GL.jpg
何組か子供連れて登っていました・・・
殆どお先にどぉ〜ぞのパターンでしたので帰りは誰もいなく最後でした(笑)
屏風岩からの景色も素敵で、帰りは登ってきた頂上を見ながらあれが頂上だとは思わなかったねっと
もうチョット軽々登れると甘く見ていた二人でした。
10_7838.GL.jpg11_7950.GLT.jpg
12_7936.GL.jpg13_7997GL.jpg
この日は、川湯に泊まって温泉でゆっくり疲れをとりました。
頂上からの眺めも素敵でいい登山でした。
posted by yuki at 20:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

アーチが見えないタウシュベツ川橋梁

1_6326.jpg2_6350.jpg
3_6370.GL.jpg4_6393.jpg
5_6399.jpg6_6413.GL.jpg
先月9月22日、お友達を誘ってタウシュベツ川橋梁へ行って来ましたが
アーチは隠れてしまって見えませんでした・・・
この日はお天気に恵まれ、少ししか見えない橋と雲の様子が素敵でそれなりに満足
7_6426.jpg8_6433.jpg
9_6439.jpg10_6452.jpg
11_6454.jpg12_6466.GL.jpg
1ヵ月前(8月21日)あんなにも綺麗にアーチが見えていたのに・・・
ダム工事も終わり水位はどんどんあがってくると分かっていましたが、
これじゃ紅葉とタウシュベツを撮すのは無理でしょう。
今年こそ秋のタウシュベツ川橋梁を撮せるかなっと
期待しましたが残念!
13_6510.jpg14_6490.jpg
15_6513.jpg16_6517.jpg
帰りは3の沢橋梁へ行ってみましたら
水位が上がっていたため綺麗な映り込みを見る事が出来ました。
水位が上がって嬉しいのと嬉しくないのとチョット複雑な気持ちでした。(笑)
17_6533.GL.jpg18_6544.GL.jpg
19_6554.GL.jpg20_6593.GL.jpg
音更第3橋梁。紅葉にはまだ早かったのですがブルーの空が映り込み
行く度に違う顔を見せてくれる橋にそこそこ満足〜
21-6959.jpg22_6904.jpg
23_7029.jpg一週間後、代理で鍵を返しに上士幌まで・・・
ここまで来てそのまま帰るのが勿体なく
行くつもりはなかったのですが?
夕方タウシュベツへ行ってみました〜
勿論映り込みもなく波に打たれる橋に
チョットセンチメンタル気分で
シャッターを切ってきました。
ふんわりした波を出したかったのですが
お勉強不足で今の私はこれで精一杯〜
薄暗い道を熊さんが出てこないかと歌謡って帰りました。
posted by yuki at 14:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

撮影会2日目・津別峠

_DSC5774.GL.jpg_DSC5818.GL.jpg
今回の撮影会はチョット贅沢でした。
満月の摩周湖と津別峠の雲海狙いと両方欲張ってみましたが
津別峠の雲海は残念ながらハズレてしまいました・・・
雲海はでませんでしたが夜明け前のブルーがとても綺麗でした。
_DSC5833.GL.jpg_DSC5844.GL.jpg
_DSC5860.GL.jpg_DSC5868.GL.jpg
空にチョット雲があればもう少し湖面が赤く染まったかも知れませんが贅沢は言えません。
それにしてもこの日の朝は霜注意報が出てたくらいでしたのでとても寒かったです。
皆、早々に引き上げて宿泊先の温泉でゆっくりのんびりしたのでした。
でもその帰った後旭岳の初冠雪が津別峠から見る事が出来たそうでこれも残念!

最後の撮影ポイント白藤の滝
1_5999.GL.jpg2_5953.GL.jpg
3_5970.GL.jpg4_5988.jpg
5_5995.GL.jpg6_6013.GL.jpg
撮影会に間に合うように、ケンコーバリアブルNDXを購入しました。
実は、先日の例会でそのフイルター使用の素晴らしい写真を見せて戴き
すっかり感動して欲しくなってしまったのでした。(笑)
仲間から情報を戴いて早速購入!撮影会に間に合わせ早速ここで使ってみました。
勿論ご指導をしっかり戴いての撮影です。
レースカーテンのような水の流れに我ながらうっとりでした〜(*^。^*)

今回の撮影会はここで終了〜
女性陣は帰り道のついでにオンネトーによる事決定〜
男性陣に聞きましたが皆さんそのまま帰るとの事。
_DSC6036.GL.jpg_DSC6048.GL.jpg
_DSC6075.GLT.jpg_DSC6105.GL.jpg
女性陣参加4名。二人はオンネトーによる気持ち満々!
他の二人は疲れてしまってお返事が今一でした・・・
一応寄ってみるけど車の中にいていいからネッと云う事で出発したのでした。
現地到着(゜∀゜)びっくり〜〜〜綺麗に映り込んでいるではありませんか?
もうそれから大変疲れも何処へやら?かな?
時折風が出てまた止んでの繰り返しでしたがとても綺麗なオンネトーでした。
帰りはお喋りしすぎて行き過ぎたり、間違えたりで
帰宅予定時刻オーバーしてしまいました。とても楽しい撮影会でした。感謝いっぱいです。
posted by yuki at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満月と摩周湖の撮影会

9月18日・19日1泊。十勝エゾリスクラブメンバー
弟子屈からも加わって11名の参加で楽しんできました。
摩周湖の中島に満月の光があたるのを狙って出掛けましたが・・・
満月当日の都合がつかず、前日の日に予定を組みました。
満月の前の日のお月さんの事を《待宵の月》っと言うのだそうです。
1_5589.GL.jpg2_5597.GL.jpg
弟子屈道の駅で横山宏さんの作品を皆で鑑賞〜
横山先生直々色々なお話を聞きながら作品を見せて戴きました。
空の雲がチョット怪しい雰囲気でしたが、摩周湖に着いたらバッチリのお天気!
3_5691.GL.jpg4_5660.jpg
5_5676.jpgお月さんが厚い雲に隠れて
時々見え隠れしていました。
太陽が沈み西の空が赤く染まると同時に
東の空がピンク色に染まり始めて来ました〜
弟子屈から参加した礼子さん曰く〜
こんな風にピンクに染まる事は
珍しい事なのですよ〜〜〜っと。
満月がピンク色の空に顔を出し
とても素敵な摩周湖です!!!
6_5707.GL.jpg7_5716.GL.jpg
8_5744.GL.jpg9_5761.GL.jpg湖面に月の明かりが映り込み・・・
どんどんゴールドの輝きに染まってきました〜
翌日が満月、”待宵の月”何と素敵なネーミング〜
摩周湖の中島を照らすのは明日
待っててね〜明日は貴女を月の明かりで照らしてあげますからね〜
っと言っているように思える待宵の月の摩周湖でした。

摩周湖に行く前オンネトーに寄ってみましたが風があって映り込みもなく紅葉もまだ・・・
皆でキノコ撮影を楽しみました。オンネトーのキノコたちです。
1_5502.GLT.jpg2_5261.GL.jpg
3_5283.GL.jpg4_5376.GLT.jpg
5_5350.GLT.jpg6_5307.GL.jpg
7_5435.GL.jpg8_5456.GLT.jpg
9_6117.GL.jpg10_5462.GL.jpg
光が入っている内に撮そうと思ってもたもたしていると・・・アアアァ〜
ッとその様な調子で楽しかったのですが
光を入れたキノコ撮影に再度挑戦したいと思いました。
_DSC5515.GLT.jpg_DSC5563.GL.jpg
滝見橋からバリアブルーNDXを使用して水の流れをお勉強。
ペンケ湖パンケ湖にチョット寄り道して弟子屈に向かいました。

綺麗なお月様と摩周湖撮影に皆満足し、宿泊先の
ランプの宿 森つべつで温泉に入りゆっくり過ごしました。
posted by yuki at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

今頃ですが紫陽花・・・

1_4101.G.jpg2_4063.GLT.jpg
3_4110.GL.jpg4_4149.GL.jpg
今迄紫陽花を撮した事がないと初めて知った私
イメージ膨らませてイソイソとお友達の家へお出かけ〜
帰宅し、雑用をしながら画像取り込み、
全部入ったと思って夜フォルダを開いてみると空っぽ???
うっそォ〜〜〜大ショックを受けたのです。
隣に咲いている事を夫から教えてもらい気持ち切り替えて撮影させて戴きました。
我ながら結構お気に入りがあってルンルンでしたのに、残念ショック!
5_4188.GLT.jpg6_4261.jpg
7_4394.GL.jpg8_4557.GL.jpg
9_4651.GL.jpg10_4630.jpg
11_4672.GL.jpg12_4689.jpg
翌々日、気持ち切り替えて撮影に行きましたが
やはり最初と同じような気持ちになれません・・・
っと思いながら夢中になってくると忘れて没頭する私。
帰りはお断りもなく紫陽花を戴いてきました。
今も我が家の玄関でお客さんを出迎えてくれています。
来年は綺麗な満開の時撮影させて戴こうかしらね。
有難う御座いました。感謝いっぱいです。
posted by yuki at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

劇的なタウシュベツ川橋梁〜

タウシュベツへ行く時の起床時間は1時半〜
何となくこの時間に定まってしまった感じがするけれど
それが起きること出来るのだからねぇ〜
自分の好きな事する時は別なのでしょうね。力が湧いてくるもの〜
集合場所時刻3時半!〜予定より早く着いたので
まん丸の満月とタウシュベツを撮したくて、
車中泊のお二人を起こしてシュッパァ〜ツ!!!
現地到着!処が真っ白の靄〜深いブルーの色に浮かぶ橋梁がうっすらの見え隠れ・・・
1-2157GL.jpg2-2171.GL.jpg
3-2198.GL.jpg4-2216.GL.jpg
靄で真っ白になって何も見えなくなったりチラッと姿現したり、
その内一緒にいたはずのツヤちゃんの姿が対岸の方で?
アレェ〜あっちまで行けるんだぁ〜
長靴を履いてない私は取り替えるのに行くのが面倒で迷いました。
でも、後で後悔しないように長靴に履き替え!準備万端〜(大成功!)
6-2260.GL.jpg7-2311.GL.jpg
8-2327.GL.jpg9-2328.GL.jpg
10-2335.GL.jpg11-2339.GL.jpg
12-2343GL.jpg13-2350.GL.jpg
14-2352.GL.jpg14-2363.GL.jpg
15-2376.GL.jpg16-2379.GL.jpg
青い空が見え始めて来たと思ったらどんどん変わる雲の流れ〜
それからが大変でした〜〜〜
今あの雲があるうちにあの場所から撮したい〜
こっちからも撮したい!ここの場所から滅多に撮せない急げ急げ〜
ヘロヘロ〜アアアアァ〜若さが欲しい!ッと心の中で叫びました。(笑)
17-2390GL.jpg18-2394.GL.jpg
19-2403.GL.jpg20-2407.GL.jpg
21-2412.GL.jpg22-2422.GL.jpg
23-2435.GL.jpg24-2451GL-2.jpg
25-2457.GL.jpg26-2465.GL.jpg
太陽が顔を出し段々暑くなってきてもコート脱ぐ時間が勿体なくてそのまま動き回って汗ダラダラ〜
喉は渇く多分お腹も空いてきたのでしょうか、
一通り撮して戻った時は目眩してクラクラ?
バカみたいですがそれでも風が出てこない内に
雲が消えてしまわない内に〜っと思う私。
目まぐるしく変わった最高のタウシュベツ橋梁の撮影でした。
27-2482.GL.jpg28-2487.GL.jpg
29-2502.GLT.jpg30-2511.GL.jpg
何度か来てもズッと奥の方へ行かずにいましたので
疲れているにもかかわらす切り株撮影に歩きました。
初夏のように鮮やかな緑の景色とは行きませんでしたがそこそこ楽しんでパチリ!
10時近くになってくると風も強くなって波が出て来ました。
やっと帰る気持ちになった処で『さぁ〜帰ろうかぁ〜』
31-2533.GL.jpg32-2570.GL.jpg
「第三音更川橋梁」の様子を見に立ち寄り、ここへ紅葉の時期に来たいわねぇ〜
ッとその様な事でビックリするくらい走り廻ったタウシュベツの撮影はこれでお終い。
スッゴク疲れた私でしたが、筋肉痛にもならずまた行きたいと思うのでした。
写真多すぎてみるのもイヤァ〜ですよね?ハハハ〜有難うさんです。
posted by yuki at 15:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

花火

勝毎花火大会、一週間経ってしまいましたね。
今年は皆集まるのが15日からなので夫と二人で観に行くことにしました。
帯広川から花火をみてみようと、下見に行ってみたところ
もの凄いことになっていてビックリ!
車でびっしり!テントもびっしり〜知らなかったのは私達だけだったのかもね。
_DSC1628.GLT.jpg_DSC1636.GL.jpg
人混みを避けて札内川の土手から観ることにしました。
処があそこから花火が上がるよ〜っと教えて戴いたのがこれです〜
丁度鉄塔と電線がバッチリ入るところなのでした・・・(苦笑)
_DSC1651.GLT.jpg_DSC1664.GLT.jpg
_DSC1703.GLT.jpg_DSC1719.GL.jpg
最初は一人で撮影ポイント探していくつもりでした。
でも、考えたら夫一人残して自分だけ行く事に申し訳なく思いお誘いしました〜
なので、撮影はあくまでも付録!観るだけならばそこそこ楽しめる場所でした。
鉄塔が火の見櫓のような雰囲気でアラ素敵〜っと思ったのですが?
ピンボケならず、カメラが動いてしまったようでボケてしまいました。
_DSC1733GL.jpg_DSC1735.GLT.jpg
_DSC1742.GLT.jpg_DSC1753.GLT.jpg
_DSC1754.GLT.jpg_DSC1764.GLT.jpg
_DSC1776.GLT.jpg_DSC1808.GL.jpg
曇り空だったので高く上がった花火は雲の中〜〜〜
音だけ響いて半分しか見えませんでした。
_DSC1817.GLT.jpg_DSC1825.GLT.jpg
最後のフイナレー
ゴールドの輝き〜チョーゴージャスなのですが遠すぎでこんなモンでした。
下手くそな花火の写真をこんなにも沢山アップしてご免なさいです。
虫除けグッズ沢山持参したお陰で虫に刺されることもなくのんびり楽しんできました。





posted by yuki at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

小麦ロール

2.0844.GL.jpg3.0938.GL-1.jpg
1.0808.GL.jpg4.0996.GL.jpg
タウシュベツ橋梁撮影の帰り道カーナビをチョット横道にそれて走ってみました。
方向音痴の私にはとっても有り難いカーナビです。
何処を走っても家に辿り着くという安心感がありますからねぇ〜
小麦ロール作業をしている農家の方みっけ〜
チョットだけのつもりで手持ち撮影だったのですが・・・
畑に光が走り?アラ〜素敵!それからが大変!!!(笑)
空を見上げ〜厚い雲の間からチラッと顔を出してくれるであろう太陽さんを待ちながら
同じ場所に2時間弱?その間、どんどん増えていた小麦ロール!
5.1032.GL.jpg6.1047.GL.jpg
7.1132.GL-1.jpg8.1155.GL.jpg
お昼だよ〜ッと合図のサイレンが鳴りました。
それでも帰らず立っている私にあっきれかえっているのか・・・
作業終え、昼食タイムで近くまで来たので「撮影させて戴いてます」っとご挨拶。
今迄小麦ロール作業撮影をタイミング悪く撮影逃していた私。
始めて見る作業に興味津々〜働かずカメラ構えているのが申し訳なく思うのでした。
9.1177.GL.jpg十勝の風物詩
防風林と一緒に並んでいるロール
これまたいい雰囲気と
車から降りてパチリ〜
帰るつもりで出発しましたが・・・
この調子だと何時に家に辿り着く?
でも今迄ズッと撮したかった小麦ロールのこの風景
このまま帰りたくない!帰る訳ないでしょ〜(笑)
10.1204.GL.jpg11.1231.GL.jpg
12.1247.GLT.jpg13.1252GL.jpg
14.1267.GL.jpg15.1280.GL.jpg
走っても走っても〜小麦刈作業で一生懸命!
刈り取っている処に立っていると麦のいい香りがプゥ〜〜〜〜ンと漂ってきます。
一生懸命作業している農家の方には申し訳なく思いながら
とてもいい気分に心地よい気持ちになった私でした。
16.1301.GL.jpg17.1334.GL.jpg
18.1337.GL.jpg19.1350.GL.jpg
20.1380GL.jpgもうこれで帰ろう〜
そう思って走り出した私。
処が???
ヒェ〜ナァ〜に???
フゥ〜ンそうなんだぁ〜
っと広い広い畑に大きな大きなロールケーキが?
そんな雰囲気にビックリしてまた車を駐めた私。(笑)
沢山並んだロールの隣の畑では小麦刈り取り作業が始まってました。
始めてじっくり小麦ロールの作業をみさせて戴き。
農家の方の大変さは別にして?
初めての事大好きな私はとてもいい経験をさせてもらってやっと自宅近くに来ましたが
これが最後の1枚〜〜〜このズッと奥に我が家があります。
同じ小麦ロールの写真ばかり飽きちゃったでしょうけれど
最後までみて戴き有難う〜撮影出来る喜びと健康に感謝。


posted by yuki at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

水位が下がっているタウシュベツ橋梁

1_DSC0570.GL.jpg3_DSC0589.GL.jpg
タウシュベツ川橋梁には数年前から何度か通ってきてました。
8月のこの時期、こんなにもアーチが見えているのは珍しく
更に水位が下がっていっていることも珍しい事なのです。
アッと云う間に水位が下がったのでは無く、
徐々に下がっていった様子がこの段々になっているのを見てはっきりわかりました。
4_DSC0602.GL.jpg5_DSC0606.GL.jpg
6_3910.GL.jpg6_DSC0620.GL.jpg
長期天気予報では晴れマークがついていたのに・・・
曇〜朝出かける時は霧雨でした。
この日も1時半起床で2時に家を出て現地到着は4時過ぎでした。
青い空が見えなくてもいいから映り込んで欲しいと願いながらシャッターを切る。
7_DSC0635.GL.jpg8_DSC0653.GLT.jpg
枯れた雑草がピンク色〜〜〜これで映り込んでくれたら云う事ナシ!
今日の映り込みは無理かも知れないと思っていたのですが?
願ってみるものですねぇ〜
ほんの一寸映り込んできました!私は反対側へ移動〜
9_DSC0662.GL.jpg11_DSC0696.GL.jpg
光りがほんの少々〜雲の間から!アーチと光りがつながっているように見えます。
益々映り込んできました〜再度急いで移動する私!!!
動き回って汗が出て来ました・・・(笑)
12_DSC0716.GL.jpg13_DSC0708.GL.jpg
14_DSC0725.GL.jpg15_DSC0727.GL.jpg
願いが通じたのでしょうかぁ〜映り込んでます〜〜〜嬉しいね。
ピンクの雑草がタウシュベツを明るく感じさせてくれます。
一緒に行った仲間がまだ朝食を済ませていない私の事を心配して
『食べたら〜』っと言ってくれたのですが?
折角映り込んでくれたのですものぉ〜
食べている間に消えちゃうかも知れないと思うと食べてられません〜
16_DSC0764.GL.jpg17_DSC0776.GL.jpg
18_DSC0753.GL.jpg映り込みが始まると今度は光りが欲しいと思う私。
本当に欲張り〜で・す・ね。
ところが?ホンの一瞬〜
パァ〜ッと橋梁に光りがあたり白く輝いたのです!
半分だけでしたが、それでも嬉しくて感激の私。
朝4時過ぎから待っていた映り込み・・・
風が止み始めたのは7時過ぎでした。
何時までも映り込んでいたこともありましたが
通常は8時過ぎには風が出て来て波が立ち〜ッと成るのが普通。
やはり・・・思っていた通りになり、帰ること決定〜
とても満足の時間を戴き感謝一杯の私。
ついこの前は手前の道も見えなくなっていたのにね。
何時までこの状況が続くのかまた行きたいと思う私。
posted by yuki at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜麻の花

昨年も撮した亜麻の花。
亜麻色とは?っと花の色のことは去年も書きましたが・・・
亜麻色の〜長い髪を〜風が優〜しく包む〜♪
ッとヴィレッジシンガーズが歌った亜麻色とは金髪の事。
以前は、外人=金髪 っと言っていたのですが
この詩がヒットしてからは金髪=亜麻色ッと云うようになったそうです。
今年も運良く撮せる時間を作ることができました。
_DSC0132.GL.jpg_DSC0140GLT.jpg
ヒョロヒョロと丈があるのに風が強かったので
以前から撮してみたかった揺れる情景を試してみました。(苦笑)
難しくて残念ながら撮せませんでした。お勉強しましょ〜
_DSC0147.GL.jpg_DSC0149.GLT.jpg
マクロ撮影試みました。
お花の向きが反対方向なので畑の中まで入りこむ訳にも行かず、
結構苦労致しましたぁ〜〜〜
_DSC0165.GLT.jpg_DSC0169.GL.jpg
_DSC0152.GL.jpg愛らしい薄紫の可憐なお花〜
何とも癒されて心穏やかにしてくれるお花ですね。
こっち向いてくれているお花を探して撮しました。
去年の場所からチョット横に移動してました。
今年は横広がり、去年の場所の方がよかったナァ〜
ッと勝手なことを思いながらパチリ!
お天気も悪く曇り空が幸いして
バックが白くてとてもお気に入りの一コマです。
posted by yuki at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。