2012年02月14日

大津海岸

(十勝毎日新聞ニュースより)
 豊頃町大津の海岸では砂浜一面に氷の塊が次々と打ち上げられている。
冬の間だけ見られる光景を、写真に収めようと多くの写真愛好家が訪れている。
氷はすぐそばを流れる十勝川が発生源。
冬期間、河口付近が凍結し、一部が割れた氷はいったん海を漂流し、
しけなど波が高いときに砂浜に打ち上げられる。
氷はこぶし大から、手では持ち上げられない大きさまでさまざまある。
@_7237.GLT.jpgA_7261.GL.jpg
陽が昇る前の海岸、風が冷たくて結構寒い朝でした。
大津海岸に氷が打ち上げられる光景は数年ぶりの珍しい事。
写友と一緒に輝く氷と海を撮してみたいとお出かけしました。
B_7657.GL.jpgB_7662.GL.jpg
遠くの空が赤く染まっていましたが、日の出近くに色も薄くなり
もたもたしている内に撮しそびれてしまう私。(何時もの事〜)
陽が昇る前と顔を出してからだとこんなにも雰囲気が変わります。
C_7308.GL.jpgD_7336.GL.jpg
太陽はどんどん昇っていきます〜〜〜
キラァ〜っと御光がさすような太陽を撮したいと思う私。
やっぱり・・・難しいナァ〜私にはどうしてもこの程度が限界・・・
海からケアラシがどんどんあがって、とても神秘的です。素敵素敵!
この素敵な景色を撮したくて、はらいばに成って一生懸命撮してみましたが?
出来はいまいち体が冷えただけでした・・・ハハハ〜
E_7361.GL.jpgF_7382.GL.jpg
G_7398.GL.jpgH_7384.GL.jpg
この撮影日は10日、氷が溶けないうちにもう一度行きたい〜でも無理かしらね。
今日は、日中チョットだけプラスの気温・・・もう大津の氷も溶けているでしょうか〜

日曜日、札幌へ車で行って来ました。
占冠辺りはものすごい猛吹雪で真っ白〜
何処までこの猛吹雪のお天気続くのかと緊張しながら走行。
前が何にも見えなくなり、夕張までのろのろ走行の高速道路でした。
大津へもう一度っと思うのですが?そんなこんな色々ありまして?
更に、16日お出かけですので体長整えるべく静かにしてます・・・(笑)


posted by yuki at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わぬところに思わぬ素敵な風景・現象が在るんですね!寒い朝しかも氷の破片に射す朝日の輝き
とても神秘的かつ魅惑的ですね!
しかも気嵐、こんな条件が揃う日時シャッターチャンスはそんなに無いと思います。
素敵な写真有難う!
Posted by D&H at 2012年02月15日 11:27
D&Hさん
この日の条件は今考えると良かったのですよね?
け嵐も神秘的で、太陽も出て〜でも、
太陽が出始めるとあっという間!
また行って撮影したいと思うのですが・・・
中々行けないものですね。
Posted by yuki at 2012年02月16日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。