2014年01月31日

ピンクの太陽

_DSC8665.jpg25日(土曜)案内兼ねて
十勝川へ行って来ました。
その日は、どうやら風邪を振り返したようで
体調思わしくなく寝坊し
慌てて現地にむかいました。
素敵なピンク色の空
白鳥が次々飛んでいきました。
日の出まで待ってくれていたら良かったのに残念!
_DSC8678.GLT.jpg_DSC8697.GL.jpg
_DSC8704.GL.jpg_DSC8759.jpg
け嵐も樹氷も無い十勝川。
主役の白鳥も全部飛んで行ってしまいポォ〜ッとしていた私。
太陽が雲の間から顔を出しました。
素敵なピンク色なのに体調思わしくないのもあってポォ〜ッとシャッター切るだけ。
戻って画像を見て案外素敵だった日の出に
もうチョット気持ちこめてパチリしてくるべきだったと反省の日でした。
どんどん風邪悪化して一昨日病院へ行って来ました・・・数日で良くなるでしょう〜
早く撮影に出掛けたいところじっと我慢してます。(笑)


posted by yuki at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

生花苗沼(オイカマナイトウ)の御神渡り

1_DSC8404.GL.jpg2_DSC8414.GL.jpg
大樹町の生花苗沼御神渡り?何処にあるのだろう???
仲間と22日行こうという事になり知らない夜道を走るのに不安だった私。
前日地図を調べて場所確認に行って来ました〜見つけて安心。
処が肝心の当日、入り口を間違えて
迷ってしまったやっぱり駄目な方向音痴でした。
3_DSC8427.GL.jpg4_DSC8429.GL.jpg
5_DSC8442.GL.jpg6_DSC8449.GL.jpg
太陽が顔を出してきました〜素敵です!!!
7_DSC8465.GLT.jpg8_DSC8477.GL.jpg
9_DSC8488.GL.jpg10_DSC8504.GL.jpg
11_DSC8530.GLK.jpg12_DSC8544.GL.jpg
氷の上を歩くのは結構疲れるもので・・・
この日の大樹の気温がマイナス17℃
力を入れて歩いているためか思ったより温かく感じながらの撮影でした。
13_DSC8554.GL.jpg14_DSC8575.GL.jpg
メルヘンチックに見えたこの氷り?何に見えるかな?
私はリスが手に何かを持っている風に見えたのですが?(笑)
15_DSC8561.GL.jpg16_DSC8568.GL.jpg
17_DSC8604.GL.jpg18_DSC8608.GL.jpg
これからも冷え込んでくるでしょう。
ひび割れが出来ているのでこの後ここも盛り上がってくるのでしょうかしらね。
はじめて見る御神渡りとても迫力がありその雰囲気を伝えたいと思いながら
まだまだ勉強不足を感じた私です

この日NHKの取材を受けまして、一緒に行った仲間4人がテレビに出ました!
この放送がどうやら全国放送だったらしく神戸の兄から見たよッと電話が来てびっくりでした。
posted by yuki at 16:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月明かりのタウシュベツ川橋梁

1_DSC7636.GL.jpg2_DSC7648.GL.jpg
ぬかびらユースホステル主催「夜のタウシュベツツアー」(18日)
参加者7名限定・ユース宿泊条件を去年から申し込んでました。
皆さんと一緒なので思う様に撮影出来ない事覚悟してましたが、
この夜のお天気は曇りのはず???でしたが?
ライトを消して綺麗な月明かりで星を眺めながら歩きました。
現地到着した時は綺麗だったお月さんもボォ〜〜〜ッとぼやけてしまい
ウペペサンケとニペソツ山の白がくっきり見えていたのですがそれも残念。
でも、夜道をどの様にして歩けば迷わずたどり着けるのかポイントをご指導戴き一安心。
3_DSC7674.GL.jpg4_DSC7676GL.jpg
翌日、ニペソツ山にお月さんが入るだろうと云う事で、
暗い内に再度タウシュベツへ行きました〜
雪が少なく氷が見えている場所に月の光が照らされて綺麗〜
山がうっすらとピンクがかってきました。
途中撮影している場合じゃ無い!早く辿り着かないと間に合わなくなるぅ〜
5_DSC7725.GL.jpg6_DSC7735.GL.jpg
7_DSC7743.GL.jpg8_DSC7749.GL.jpg
9_DSC7764.GL.jpg10_DSC7771.GL.jpg
アッと云う間にニペソツ山がピンク色に染まりました。
この時期に来たのは初めてです。
こんな場所にもフロストフラワーが出来ていました。
11_DSC7800.GL.jpg12_DSC7810.GL.jpg
13_DSC7803.GL.jpg14_DSC7837.GL.jpg
15_DSC7827.GL.jpg16_DSC7830.GL.jpg
随分傷んでいる様に見えました・・・
雪の下から顔を出したタウシュベツ橋梁は大丈夫でしょうか気になるところです。
17_DSC7847.GL.jpg18_DSC7855.GL.jpg
19_DSC7866.GL.jpg20_DSC7894.GL.jpg
21_DSC7951.GL.jpg22_DSC7986.GL-2.jpg
キラキラ輝くフロストフラワーをその輝きの如く撮したくて
寝転んだり這いつくばったりして頑張りましたが(笑)
七色の輝きを撮すのは難しいですね。
23_DSC8034GL.jpg24_DSC8050.GL.jpg
綺麗な湖の氷りを数枚撮してお終いです〜
2日続けて頑張って歩いたので疲れましたね。
でもとても楽しく気持ち晴れ晴れでした。
この日の気温はマイナズ17℃〜長くいるとやはり寒かったですね。
posted by yuki at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥塒撮影

1_8680.GLT800.jpg1_4683.jpg
2_4830.GL.jpg3_4872.GL.jpg
最初の1枚!ピンクのけ嵐と太陽の写真は数年前のものです。
この十勝川に白鳥が来なくなり寂しくなりましたが、
それでもこの様な素晴らしい情景に会える十勝川。
通ってみないと撮せない訳で・・・やはり十勝川へ行きたくなるのでした。
4_4928.GL.jpg5_5015.GL.jpg
6_5172.GL.jpg7_5417.GL.jpg
中々目覚めてくれない白鳥たち、兎に角飛び立つまでじっくり待つ事にしました。
やっとみんな起きてくれましたよ〜〜〜お・は・よ・う〜
8_5320.GL.jpg9_5457GL.jpg
手前の木にオジロワシがとまっています。
オジロワシと白鳥のツーショットを撮せるといいなぁ〜と思っていましたら
白鳥がターンして飛んでいきました〜ヤッタァ〜(笑)
10_5522.GLT.jpg11_5530.GLT.jpg
12_5592.GL.jpg13_5676.GL.jpg
14_5759.GL.jpg15_5764.GL.jpg
初撮りの時はさっぱり飛び立ってくれませんでしたが
この時は次々と飛び立ってくれました〜〜〜
スローシャッターの練習をしたいところ上手く行きません。次回ですね。
16_5723.GL.jpg17_5056.GL.jpg
山並みが綺麗でここをバックに白鳥が飛んでくれたらいいナァ〜っと
それも今回は願いが通じてご覧のとおり、一応は飛んでくれました。ヤレヤレです。



posted by yuki at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月4日・初撮りの白鳥

1_3490.GLT.jpg2_3566.GL.jpg
今頃アップでスミマセン・・・今年初撮りの白鳥たちです。
例年通っていた場所にさっぱり白鳥が来なくなり、今年は塒へ行ってみました。
去年、初めて行った時、丹頂ファミリーに会えてラッキーと思っていた私。
今年も初撮りで丹頂ファミリーにあえました。美しかったですね。
3_3610.GL.jpg4_3695.GLK.jpg
5_3817.GLK.jpg6_4024.GLT.jpg
陽が昇り8時になっても9時になってもさっぱり動きの無い白鳥さん達。
かろうじて2羽が飛び立ち後はそのまま・・・ゆっくり游いでいるだけでした。
8_4158.GLT.jpg7_4122.GL.jpg
9_4307.GL.jpg10_4346.GLT.jpg
11_4380.GL.jpg12_4392.GL.jpg
中々動いてくれない白鳥さん達。初めて来た場所でしたので移動して見ました〜
なんとなんと、ズッと奥の方から次々と沢山飛んで来ました〜
真っ青な空に白い白鳥が美しいです〜時計を見たら11時!本当にお寝坊さんですね。
多分何時もの畑にいっているのではないかと思って小麦畑へ移動。
沢山いましたよ〜
13_4473.GL.jpg14_4477.GL.jpg
15_4481.GL.jpg16_4583.GL.jpg
posted by yuki at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去年12月の撮影会

1_DSC5614.GL.jpg2_DSC5650.GLT.jpg
3_DSC5696.GL.jpg写真始めてから
毎年出掛けている丹頂撮影会。
これだけ通ってもイメージ通りのカットは未だ無し!
また来年・また来年っと思いながら
通い続けているのでした。
この時は参加者も少なく
雪の無い十勝から出て
かろうじて雪景色を数枚パチリ。
4_DSC5866.GLT.jpg5_DSC5976.GLT.jpg
夕焼けと丹頂狙いで毎年撮影させて戴いている菊池牧場ですが
今年は雪が無いため畑に入る事が出来ませんでした。
菊地さんのご厚意で撮影ポイント確保して戴き構えましたが
ここでもさっぱり飛んでこない丹頂でした。(暗くなってから来ました。)
6_3373.GL-3.jpg7_6407.GLT.jpg
8_6507.GLT.jpg日の出前の音昼エ。
果たして丹頂がいるのでしょうか〜
感度あげてシャッターを切ってみると
凄い数の丹頂が寝ていました〜
嬉しい〜〜〜沢山いる!!!(
今迄1羽もいない年もありましたからね。)
なのに、け嵐も無く樹氷も無くこんなにも沢山いてくれたのにとても残念!!!
これもまた来年ですね。
9_DSC6628.GLT.jpg10_DSC6993.GLT.jpg
11_DSC7002.GLT.jpg12_DSC7049.GL.jpg
13_DSC7150.GLTT.jpg14_DSC7164.GLT.jpg
この憧れていたカット〜〜〜撮せました!!!
とっても嬉しいのにアアアぁ〜雪が無い。
ズッとズッと憧れていたのですよ〜
邪魔な丹頂が周りにいなくてこの鳴くスタイルに憧れていたのに
温かすぎて吐く息も白くならず雪もなく・・・悔しいけれどまた来年。
15_DSC7233.GLT.jpg16_DSC7234.GLT.jpg
17_DSC7278.GLT.jpg18_DSC7509.GLT.jpg
余り良い条件で無かったけれども
楽しくて楽しくて数えきれない程シャッター切って楽しんできました。
係の人が餌をまいても丹頂さん達皆しらん振り???
今迄ですとそろそろ時間になるとオジロワシやら大鷲達が飛び回って
丹頂とのバトルで気分も盛り上がるところ。
処が、鳶が舞うだけ???フフフ〜やっとオジロワシが2〜3羽やってきました。
19_DSC7426.GLT.jpg20_DSC7554.GLT.jpg
21_DSC7560.GLT.jpg22_DSC7561.GLT.jpg
欲張っちゃ〜いけませんね。とても楽しく過ごさせて戴き感謝一杯でした。
posted by yuki at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

幌鹿峠

_DSC1344.GL.jpg1_1357.GL.jpg
_DSC1394.GL○.jpg2_1389.GL.jpg
3_1393.GL.jpg4_1363.GL.jpg
先月26日1泊で糠平にお泊まりしてきました。
以前から幌鹿峠の朝を撮してみたいとずっと思っていた私〜
願ってもないチャンスに真っ暗闇を一人〜
走ったことのない道を目的地まで向かいました!
ものすごく綺麗な星空に2枚ほど撮してモタモタしている内薄明るくなってきました。
どんどん赤く染まり素敵な雰囲気にルンルンの私。
雲海はだめかと思いましたが望遠レンズを出してみたら素敵ではありませんか!
4_1416.jpg5_1408.GLtif.jpg
6_1429.GL.jpg7_1435.GL.jpg
8_1452.GLK.jpg素敵素敵〜ッと一人感動しながら
シャッターを切るわたし。
太陽がどの辺から出るのか
さっぱり把握してない!
太陽が顔を出して?
アアアァ〜そこから出てきたのね?っと
雲海がほんのちょっぴり赤く染まり始めてこれまた嬉し♪
とても素敵な時間を頂いてきました。
また来年〜こんどはもっと凄い雲海の幌鹿峠を撮してみたいと宿泊先に戻りました。
素敵な景色に出会えて感謝いっぱい〜有り難うでした。

posted by yuki at 00:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

白鳥とハクガン

毎年この時期10月20日過ぎ辺り白鳥が我が家上空を飛び季節を感じていました。
今年もガラス拭きをしていると白鳥の鳴き声に空を見上げると鈎になって飛んでました。
今年は母のお世話も有り、思う様に撮影に出かける事が出来ません。
お天気状況と様子を見て23日お出かけする事が出来ました〜(*^_^*)
_DSC8977.GLT.jpg_DSC8979.GL.jpg
出掛けるからにはやっぱり日の出前です〜〜〜
下の方に雲が厚く日の出を見る事出来ないのかなぁ〜っと思っていたのですが
ナントナント!真っ赤っと言うよりもっと凄い赤紫!
濃いローズのような太陽が昇ってきました!
でもあの色の太陽を撮す事が出来ない〜〜〜どうやったら撮せるのだろう、
撮してみたいなぁ〜
_DSC9001.GL.jpg_DSC9030.GL.jpg
_DSC9033.GL.jpg_DSC9065.GL.jpg
_DSC9056.GL.jpgこの日の朝は冷え込んだようで
畑から靄があがってて
とても幻想的な朝でした。
靄の中から顔を出した太陽が
まぁ〜るいまま登ってきました!
畑の靄も太陽の光を浴びて輝いてました。
長芋畑も収穫間近なのでしょうか
綺麗に真っ直ぐだった長芋畑も
帰り道寄ってみるとネットが外されてました。
それより残念だったのは今年はこの畑に1羽も降り立ってくれませんでした。
白鳥がやって来ますが他の畑に行ってしまいました〜
_DSC9682.GLT.jpg_DSC9772.GLT.jpg
DSC_2926.GLT.jpg_DSC9843.GLT.jpg
DSC_2826.GLT.jpgDSC_2767.GLT.jpg
去年のように横並びに200羽以上の白鳥は撮せませんでしたが
6羽の子供を抱えたファミリーに出会いました。
チョット小さめの子供が1羽
元気に無事皆と一緒に旅たつ事が出来る様に祈りました。
_DSC0227.GLT.jpg_DSC0451.GLT.jpg
_DSC0487.GLT.jpgDSC_3145.GLT.jpg
DSC_3069.GLT.jpg白鳥さんの撮影そこそこに
豊頃のハクガンを見たくて移動しました。
お昼近かった事も有り
沢山の渡り鳥が三日月沼に集結していました。
こんなにも沢山いるのだもの
一気に飛び立つところが撮せるかも知れないと
楽しみに待ちましたが、残念ながらこんなモンでした。
沼とは反対側の山並みがとても綺麗でしたのでここを飛んで欲しいと願いましたら
最後の最後〜やっと山並みが入るくらい低い位置で飛んで行ってくれました。
これで満足満足して帰る事が出来ます。楽しかった一日に感謝です。
posted by yuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白雲山と天望山 登山シリーズ3(笑)

藻琴山と摩周岳を登れた事に気分良くして調子に乗った二人〜
10月上旬東京から帰ってきた翌週14日、然別湖から見える山
白雲山1187mと天望山1173.9mの山登りをしてきました。
行く途中初冠雪で真っ白な山並みに紅葉と白い山を撮したい気持ち抑えて続行〜
1_8713.GL.jpg2_8718.GL.jpg
3_8720.GL.jpg4_8725.GLT.jpg
結構きつい感じでしたのでカメラ出す余裕なく頂上へ〜
いざ登ってみるとこれぞ山登りって感じでした〜〜〜
あと一息!の頂上がこれが凄い〜巨岩ゴロゴロ!!!
捕まるものもなく大きな岩を自分で考えて進む!凄いっと思いました。
頂上では安定した場所がなく手持ちで撮影〜
良いお天気で真っ白なニペソツ山等が見えました。
5_8731GLT.jpg6_8734.GL-2.jpg
この日は連休最後の日でもあったため、子供も登ってきてました〜〜〜
頂上から少し降りた場所でチョット休憩。同じくご夫婦で登ってこられた方と会話。
私達はもう一つ天望山を登りたいので逆方向へ下山。
此方は笹藪がひどくて一寸大変と聞きました・・・ホントその通り!
足元が見えなくてチョット踏み外せば滑落しそう〜
処がその様な道を若者グループはサクサクと歩いて行くのでした!若いね!
7_8741.GL.jpg8_8742.GL.jpg
8_8801.GL.jpg次々お先にどぉ〜ッぞッと
いったい何人に追い越されたのか・・・
兎に角足元が見えなくて〜
笹が伸びているから大変でした。
やっと標識のあるところへ降りてきました。
ここで皆さん天望山に登る人と
このまま下山する人に分かれるようです。
私達は予定時間オーバー気味でしたが
登るつもりで来たので天望山登山開始〜
9_8757.GL.jpg10_8792.GLT.jpg
私達よりチョット先に2グループの若者、早いです〜
ここも笹藪で足元ばかり見て歩き始めました。
途中道を間違えたようで・・・私達の後ろからも若者グループが来てましたが
急斜面をぐいぐい登って行っちゃいました〜すっごい!
帰り道何処で間違えたのか発見!!!
下ばかり見て歩いてて踏みつけられている道なりに歩いたところが近道?

夫は途中、地図を見てこのままでは方向が違うと云う事で方向転換〜
印のあるところへでて一安心。その時私は目眩・・・
夫は降りようかっと言いましたが、まさかぁ〜
もう頂上は目の前!戻るはずありません〜
疲れましたがそんなこんな頂上では先に登った若者2グループで賑わっていました。
頂上でおむすびとインスタントの温かいお味噌汁を飲みやれやれ〜
予定では東雲湖へ廻って帰る予定でしたがとてもその様な元気なく
着く頃には真っ暗になるので東雲湖は次回の楽しみに残して下山しました。
下山途中、登ってきた白雲山をパチリ〜あんな山よく登ったね!
しかも地図を見れば尾根伝いに登るのかと勘違いしていた私達。
11_8840.GLT.jpg12_8844.GLT.jpg
白雲算・天望山地図061.jpgいったん白雲山を降りてから
再度天望山へ登ったのだとハハハ〜
然別湖から登ってきた山を眺めながら
右側が白雲山、真ん中が天望山(くちびる山)
ニンマリ〜自分を褒めてました。(*^_^*)
大きな勘違いでしたね。
来年は何処へ登ろうかと楽しみになってきました。
posted by yuki at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摩周岳登山

前日の藻琴山登山の疲れも残っていないっと思う二人は
摩周湖の日の出を撮したくて(撮したいのは私だけ!)
暗い内に宿泊先を出発しました。でも真っ白で残念!!!
1_8004.GL.jpg2_8043.GL.jpg
3_8076.GL.jpgこんな天気でもやめようと思わない二人。
真っ白で何も見えない中6時10分
登山者名簿に記入して歩き始めました。
本によると頂上まで2時間半、若者で2時間。
チョットお歳を重ねると3時間ッと聞いてました。
なぁ〜んにも見えない中、モクモクと歩き始めましたが
靄の雰囲気が素敵で撮したい私は『カメラ出してもいい?』ッと
夫の了解得てカメラぶら下げて歩きました。
時々姿見えなくなる私、夫は熊よけの笛をピ〜ッと(笑)
急ではないのですが登ったり下ったりモクモクと歩いていると後ろから鈴の音が
もの凄いスピードで私達を追い越していった若者。
その後からも若者3名ほどもすたすたと・・・摩周岳頂上の工事をしている人達でした。
今年の春から環境省からの依頼で頂上の石積み工事をしているのでした。
お陰様で大変だと聞いていた頂上残り300mは案外登りやすかったです。
4_8094.GL.jpg5_8099.GL.jpg
それにしてもこんな処に一輪車が?後で分かったのですが、
ヘリコプターで石を降ろし、その石を運んで工事しているのだそうです。
毎日片道7qを通っているのだそうです〜凄いですね〜
お陰様で無事頂上到着〜3時間40分ほどかかりました。マァ〜いいとこでしょう。
風と真っ白で何も見えないまま、途中工事の方達にもご挨拶をして
モクモクと帰り道を歩きました〜処が太陽がうっすらと見えてきたのです〜〜〜
頂上から2キロほど歩いたのですが
『もう一度頂上へ行ってみようか!』とバカな二人は戻りました!
6_8145.GL.jpg7-8169.GLT.jpg
8_8201.GL.jpg9_8243.GL.jpg
工事の方達とご挨拶したはずの私達が戻ってきたものだから『あれぇ〜』ッと呆れかえった様子。
どうやらヘリコプターが石を運んでくるらしい〜それじゃ〜それを見てからっと云う事で
結局もう一度頂上へ登っちゃったのでした〜〜〜元気ですね!ビックリです〜
でも、2度目の頂上も真っ白で何も見えませんでした・・・
10-摩周岳+2_パノラマ1.jpg
降りてきても頂上が全然見えなかった!
でも戻ったお陰であれが頂上だねっと見えて嬉しくなる私。
単純ですね〜こんなお天気でも私達の他に登ってきた人達2組。
その人たちも誰もいなくなりやっぱりここでも帰り道は二人だけ〜
10_8277.GL.jpg10_8303.GL.jpg
10_8309.GL.jpg10_8319.GL.jpg
行く時はナァ〜ンにも見えなかった景色がこんなにも素敵だなんて♪(/゜゜)/ ̄ハィ♪
とまってばかりの私に笛を吹いて呼ぶ夫〜
摩周湖が色々な表情を見せてくれて嬉しくなる私。
これが行く道だったら頂上に何時に着くか分からないところだったねっと思う私。
帰り道で良かったぁ〜っと?この辺までは元気でした。
11_8355.GL.jpg摩周第一展望台.jpg
お天気も回復しズッとズッと先まで見える景色に?
エエエエェ〜もしかしてあっちの方まで道がついているようだけれど?
まさか?この山道ズッと歩くの?????ッと歩いてきた道を振り返ってみては
よくぞ歩いたッと自分にガンバレガンバレッと応援しながらやっとつきました。
6時10分入山で16時半下山の記録でした。
片道7.2qプラス2qなので往復18.4qッという事になりました〜お疲れさん。
それでもこの摩周湖の道はトレッキングコースとして素敵だねまた来たいねっとの会話でした。
元気で山登りできたことに感謝いっぱいです。
posted by yuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。